63期業務報告


a0292519_16165498.jpg


会社の期が変わり、新しい期が始まりました。

昨年3月に一応デザイナーとして新卒採用して頂いたわたくし(年齢的には完全に中途採用ですが)
今期64期からは晴れて2年目になります。

お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れないために、1年目を少し振り返って残しておくことにしました。

ありがたくも理解ある上司と同僚に恵まれ、様々なことにチャレンジさせてもらった1年目。

そしてその1年の中でも特にありがたいこと。
冒頭の画像、もう半年程前のことになりますが、昨年10月静岡新聞広告賞2013公募部門に挑戦し、審査員特別賞を頂くことができました。

お題は「THE 富士山」。
富士山を知らない人はきっといない、でも静岡県民だから知っている富士山を、日本中に、世界中に伝える新聞広告を作る、というテーマでした。
クライアントが存在する通常の広告ではなく、公募部門での制作物ですので、画像の選定から内容までいわば好きなようにやれるというもの。
でも決して「アート」でなく、ただの自己表現ではなく、見てくれるひとに伝わるもの。伝えたいこと。
コミュニケーションする相手がいる、ということが広告の定義だと教わりました。

そして新聞という媒体を考えたとき、そこに掲載される広告というものに求められるもの。
「読み物」として、文字の力に頼っても面白いのではないか。…などといろいろ考えます。

好きなようにといっても静岡県民歴約3年のわたしにはやや難しいテーマで、上司のアドバイスを得ながらなんとか制作。
本文内のコピーも何度も書き直しては読んでもらい、直し…の繰り返し。

「世界遺産登録を目指す」という言葉を聞くたびに感じていた違和感と、初めて富士山を目の前にした時の、あの黒々とした大きさ、存在感を表現しようと努力しました。

作品コピーをもう少し大きな画面で見れるので 静岡新聞広告賞 のページもぜひ見てやってくださいませ。
今年の広告賞の募集要項も見られるのと、他の方の受賞作品や過去5年分の受賞作が閲覧できます。


ちなみにもう1点制作したのがこちら。こっちは賞からはもれました。



a0292519_08004817.jpg


アートディレクションは上司によるもので、制作を私が担当しました。

中に記載する富士山にまつわるモノや地名、和歌など図書館で資料を探し拾い集めました。今見ると気になるところ多々ですが…

言葉や各所を辿り、それを富士山のカタチにたどって並べることで、この山が山そのものの美しさだけでなく、山を構成する様々なものによって存在しているんだということを表現しました。
一応位置関係も考えながらキーワードを配置しています。誰も気づいてくれないかもしれないけど…。
じっくり紙面を見てもらい、中から興味のある言葉を見つけて、それを誰かに伝えるというコミュニケーションツールのひとつになれたら、という狙いがありました。

両方の作品とも、これが新聞全15段で掲載されたら…ということを本気で考えて制作していたので、苦しみながらも今思えば楽しくて仕方ありませんでした。

ちょうど富士山が世界遺産登録後初めてのお山開きの後ぐらいの時期で、図書館で大量に富士山関連の本を借りていくわたしを、「ミーハーだな…」という目できっと見ていただろう司書さん。
ちがうんです!(半分仕事なんです!)
知ろうとしてるんです富士山を!

それもこれもすべて職業訓練校で教わったこと。
「答えは対象の中にある。」

知って、理解して、自分なりに解釈して、たくさん悩み抜いた時間の中から1滴だけ抽出されるものがある。
NHK東北発未来塾でデザイナーの梅原真さんもそんな感じのことを言ってた気がする。

日常に流されて、忘れてしまわないように。
そんな風にデザインを考えていたこと。

怖がることもないし、あせることもない。
テーマに対峙したときに徹底的にその本質を探せば、自分の中のアイデアが枯渇するということはない。
…まだまだ本質にたどり着くレベルには到底なっていないけど、その姿勢で臨んでいく。

本質ではないかと思えるものを見つけたとき、それをスムーズに形に落とし込めるように、普段のストックを欠かさずに、面白いものをたくさん自分の中に蓄積する。
自分の気づきを忘れずにとっておく。


教わったこの基本を、これからもずっと繰り返していきます。

他にもたくさんご報告することはありますが、とにかく精一杯の感謝を込めて。
このような目に見える形で、結果としてまず1年目残せたことは自信にもつながるし、何より基礎から叩き込んでくださった先生方、粘り強く導いてくれる上司、見守って、応援をくれる人への恩返しになったのではないかと思っています。

なんか目一杯かっこつけた内容になってしまった。
でもほんと、お世話になった人たちに顔向けできるよう、明日からもまた探します。

初心を忘れず。楽しむぞー!




[PR]
by ikumishikawa | 2014-04-29 23:27 | クリエイティヴなこと | Comments(2)
Commented by hinageshi1128 at 2014-04-30 18:04
ずっと受賞作を見たいと思っていました。一生懸命考えた結果が出ていますね。素敵な作品だと思います。今の受講生にも見てもらいたくて、私のブログからリンクさせてもらっています(事後報告ですみません)。
Commented by ikumishikawa at 2014-05-06 15:57
ありがとうございます。お恥ずかしいですが、先生にもお見せしたくてここに書きました。こんなものでよければどうぞリンクしてやってください。先生が見つけてくださったわたしの「悩む」力でこれからもがんばります。


高松での暮らし


by ikumishikawa

プロフィールを見る

カテゴリ

日々
クリエイティヴなこと


最新の記事

日の照りながら雨の降る
at 2018-07-12 16:57
大川オアシス
at 2017-06-24 16:58
ことこと
at 2016-09-23 17:51
ため池の空
at 2016-09-09 18:08
空と海のいろ
at 2016-05-23 16:35

フォロー中のブログ

daily-sumus
psyuxe*旅とアトリ...
ひなげし日記

ブログパーツ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31