憧れの人

a0292519_1621975.jpg



わたしには憧れのひとがいる。


そのひとは、わたしに無いものをたくさん持っている。

感覚が都会的で、知的で、敏感で、ムズカしい話もできるけど

やさしくて、人に対して丁寧で、面白い。

多くの人に評価され、出会うひととは深い繋がりを育てていける。

行動力があって、柔軟で、いつも謙虚。

趣味も多彩で深い。

そのひとと同じものを選んだり、いいと思えたりしたら、自分のことまで「ステキ!」なんて思えたりする。


でも、いつからだったんだろう。

なぜそんな風に思ってしまったのかわからないけど、どうやらわたしはそのひとに

「嫉妬」をしていたようだった。


それまではまっすぐにそのひとのことを見れていたと思うのに、

いつからか、自分とそのひとを比べて、そのひとには到底近づけない自分が抱く劣等感を

変なカタチでそのひとに向けてしまったのだろうと思う。



やっと気がついた。

認めることができた。

わたしはそのひとに憧れていたのだ。

うらやましがるのではなく、ただ素直に、素敵なひとが身近にいるんだと、

そのことに感謝すればいいのだ。

気になって仕方がないのは、わたしがそのひとに憧れているからなんだ。


比べなくたっていい。

わたしはわたし。

そのひとに、ただ純粋に憧れる、という大切な気持ちを思い出し、抱いていよう。



ライバルなんていらない。

大事なのは自分がどうありたいか。

誰かと競うことは時に有効なのかもしれないけど、そのときの自分の内面は、きっと豊かなものであるとは言えないように思う。


ある人に言われた。

「競おうとしない、ということは、同じ土俵にすら上がれていないんじゃないか」

プレゼンに負けても悔しがらないわたしに、上司は言った。

「悔しがらなきゃ次、勝てない」


どれも正論で、それに対する明確な持論も反論もわたしの中にはない。
何が正解かなんてわからない。

自分にとってのルールを探している。

ただ、わたしは、人と比べるという終わりの無いループから抜け出したいと願うだけ。

その方が、何かを作るときに、そのものにまっすぐ向き合えるような気がするから。それだけ。
[PR]
by ikumishikawa | 2013-07-28 16:22 | クリエイティヴなこと | Comments(0)


高松での暮らし


by ikumishikawa

プロフィールを見る

カテゴリ

日々
クリエイティヴなこと


最新の記事

日の照りながら雨の降る
at 2018-07-12 16:57
大川オアシス
at 2017-06-24 16:58
ことこと
at 2016-09-23 17:51
ため池の空
at 2016-09-09 18:08
空と海のいろ
at 2016-05-23 16:35

フォロー中のブログ

daily-sumus
psyuxe*旅とアトリ...
ひなげし日記

ブログパーツ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31